ni-chi-jo のすべての投稿

日本代表ーアフガニスタン代表

WCアジア2次予選。対アフガニスタン戦。

格下相手だが、アウェーでどういった戦い方をするかが見所。

前半早々に香川のミドルで先制。香川に限らないが、格下で引く相手には、こういうシュートをどんどん打っていってほしい。決定機を何度か外して煮え切らない展開が続いたが、35分にショートコーナーから森重が押し込んでゴール。チャンスの数からしたら少し物足りない結果だが、放り込むだけだった前の試合と比べたら雲泥の差。ロングボールで大きな展開もするし、攻撃パターンも多彩。こいうった内容なら不満も少ないのだが。

後半早々からゴールラッシュ。4点目は久しぶりに気持ちのいいゴール。終盤大味な展開になってしまったが、十分な内容と結果だった

西川 5.5 見せ場なし
長友 5.5 前半は積極的攻撃参加していたが、後半は空気だった
吉田 6.0 めずらしく結構いいロングパスが多かった。
森重 6.5 攻守に目立った活躍した
酒井宏 6.0 ほぼ攻めっぱなしでチャンスも多く作ったが結果につながらず
山口 6.0 ボランチとしてのポテンシャルは非常に高い
長谷部 6.0 積極的な攻撃参加が目立った
原口 5.5 仕掛ける姿勢はいいが、少し危険な取られ方が多かった
本田 6.0 近年、全盛期に比べるとボールロストが多くなってきたが、それでも十分な働き
香川 7.0 1点目3点目と効果的なゴール。今日は非常にいい働きをした 
岡崎 6.0 動きは戻ってきたがボールが足についていないと思ったが、後半2得点はお見事でした
宇佐美 
武藤
遠藤

日本代表ーカンボジア代表

WCアジア2次予選。

前半圧倒的に攻め込むが、とにかく点が取れない何十とクロスを上げ、はじかれる。クロスの精度とかいう問題ではなく、ゴール前ガチガチに固められてるのに放り込むだけなので、点が取れるわけもない。結局本田のミドルで一点だけ。こんな戦略で大丈夫なのだろうか。

後半は吉田のミドル、ゴール前の混戦から香川が押し込んで2点のみ。

結果だけならまずまずに見えるが、前回の試合も合わせると、この2次予選突破できるかすら心配になる内容だった。
 

西川 5.5 特にない
長友 5.5 頑張って攻めたけど、もう一つ決め手に欠けていた
森重 5.5 とくにいうことなし
酒井宏 5.5 うーん
吉田 6.0 点とってくれてありがとう
本田 6.5 先制点取ってくれただけ恩の字
香川 5.5 点とったのでおまけ。
山口 5.5 今回は活躍の場なし
長谷部 5.5 今回は活躍の場なし
岡崎 5.0 今回は珍しくいいところなしで交代。前半途中で変えてもよかった
武藤 5.5 もう少し切れ込んでからのシュートを狙ってほしかった
宇佐美
興梠
原口

日本代表-チュニジア代表

キリンチャレンジカップ。対チュニジア戦。アギーレからハリルホジッチに監督が代わり、どんな戦略で試合を進めるかが見所。あとは永井が代表定着できそうな活躍してくれれば言うこと無い。

前半。先発は代表経験浅いメンバー中心だが、吉田と長谷部の縦のラインで安定を図る。連携がいまひとつで、いい攻撃の形が作れない時間が続くが、チュニジアもそれ程積極的に攻めてこないため、こう着状態が続く。右サイドで何度かいい形が作れたものの、得点には繋がらず。解説がへんに武藤をクローズアップしすぎ。

後半。15分から本田と香川が入り、攻撃の起点ができた。岡崎、宇佐美が入りさらに攻撃の形が作れるようになる。33分に本田の折り返しを岡崎が押し込んで先制。38分にゴール前のこぼれ玉を本田が押し込んで2点目。そのまま終了。

本田、香川と攻撃の核になる選手がいるとペースを握りやすいのか、分かりやすいくらいに試合展開が変わった。点を取りに行って結果を残したことは評価したい。前半は縦パスのみを意識した攻撃に終始した戦術だったから、前線の先発4人が不出来だったと言うわけでもない。今まで横パスばかりが目立っていたから、このくらい縦パスを強要し続けた結果、有効な縦パスが増えるかもしれない、と期待したい。
権田 5.5 プレー機会が少なかった
藤春 5.0 試合展開もあるが、持ち味出せず
槙野 5.5 守備は安定していたが、ボール持ちすぎたりファールしたり余計なプレーも目立った
吉田 5.5 守備は安定していた
酒井宏 5.0 攻守ともにバタバタして安定せず。不注意なパスも多い
長谷部 6.5 ミスもあったが、崩れずに相手の攻撃をしっかりとつぶしていた。
山口 6.0 守備はしっかりとした。あとは安易なミスが減ればもっとよくなる
武藤 5.5 前半は左サイドが機能せず。後半、香川が入ってプレーしやすくなったがすぐに交代。消化不良だったかも
永井 6.0 ボールが足につかず、技術面で物足りなさがあったが、スピードを生かしたプレスは効果的だった。後はもう少し経験積めば
清武 5.0 トップ下だったが、攻撃の起点になることは殆どなく、これでは厳しい
川又 5.5 チャンスがあったが、得点ならず。もう少しポストプレーと決定力が上達したらいいのだが
本田 6.5 短い時間で2得点に絡んだことはさすがというべきか
香川 6.0 清武とは経験の違いを見せた
宇佐美 -
岡崎 -
内田 -
今野 -

基準:5.5

TSをMP4にエンコード その3 設定

主にAviutlの設定まとめ。PCで見るための設定。

・クリッピング&リサイズの設定
アナログ放送時代の再放送などで両端に余白ができる場合に使用する
1440×1080で録画された場合、
左180 右180
に設定して余白部分をカットできる

・透過性ロゴ
ロゴ解析でロゴを取り込むことで、ロゴを消せる
ロゴが出たり消えたりする場合もフェードを使うと綺麗に消せるが、
労力に見合わないので自分はフェード機能は使わない

・サイズの変更
システムの設定の「リサイズ設定の解像度リスト」に登録しておくと
リスト表示されるので楽
ts1
各解像度ごとの設定。緑の塗りつぶしがお勧め。
解像度は色々試してみたが、ファイルサイズと汎用性のバランスがいい
1280×720に落ち着いた。

・フレームレートの変更
なし
・インターレースの解除
自動
変更すると色々面倒くさい。上級者以外は変更しないほうがいい

・x264設定
現在の設定
エンコード時間やファイルサイズは、マルチパスと品質の設定で大きく変わる。
最初はプロファイルから好みの設定を選んで、状況に応じてマルチパスと品質を
変えてみるといいと思う。
set1

基本的にはデフォルトであるプロファイルの高画質設定から変更していない
最初、自動マルチパス(パス数2)に設定していたが、やたら時間がかかりすぎるので
やめてシングルパス(可変レート)にした。可変なので動きの激しい時は高レートに、
動きの無いときは低レートに自動的に変わる。品質20に設定にしているが、
21や22くらいのほうがいいかもしれない。
音声を320kbpsにしているが、128kbpsでいいと思う

set2
最初は変更しないでいい

set3
最初は変更しないでいい

結局設定は環境、用途によって人それぞれ。
最初はデフォルトの設定にして、
少しずつ自分にあった設定に変更していくのが現実的だと思う。

 

日本代表-UAE代表

アジアカップ本戦第1戦。対UAE戦。

前半。いきなりGKと1対1を作られるなど、完全にUAEペース。そして7分にあっさり失点。7番にやられたい放題。ただ、点を取ったことでペースダウンしたらしく、ボールをもてる展開になり少し助かる。中盤から徐々に日本ペースになり、チャンスも作るが、シュート精度が低く得点奪えず前半終了。

後半。こう着状態から相手が完全に引いたので、日本ボールの時間が増えたが、フィニッシュが下手すぎて追いつけない。守りを固められて拙攻繰り返して終わりそうだった35分に柴崎が本田に当てたボールをそのままシュートしてゴール。結構難しいタイミングだったが、思い切ったいいシュートだった。足の止まったUAEから後はいつ勝ち越せるか、という状態だったが、結局得点取れず終了。

延長。早々に長友が負傷し、交代枠も無く完全に流れが悪くなる。退場させたほうがいいとも思えるくらいだったが、どうなんだろう。結局膠着したまま試合終了。この流れで勝ちきれないのが今までどおりの日本。PKに香川が出た時点で終わったと思ったら本当に終わった。

120分で決め切れなかったことがすべて。何本シュート打っても枠に飛ばなきゃ意味が無い。これでは負けても不思議ではない。

川島 5.5 1対1を止めはしたが、失点もして見せ場も特に無かった
長友 5.0 延長の負傷で試合が終わった
森重 4.5 前半完全に置いてかれていた。安易にサイドに逃げすぎ
吉田 5.0 前半以外は悪くは無かったが、
酒井高 5.0 最後まで走りきったが、失点に繋がった簡単に奪われたプレーが惜しい
長谷部 5.5 最後までゲームのバランスを取っていた
遠藤 5.0 日本ペースのときはいいプレーが多いが、相手ペースのときは完全にお荷物
香川 4.0 チャンスを作るもシュート精度が悪すぎて話しにならない
本田 5.5 PK外すしシュートは枠飛ばないし、過程は良かったのにもったいない
乾 5.0 今日は全く通用していなかった
岡崎 5.5 運動量はいつもながらだったが、今日も結果が出ない
武藤 5.5 後半からとはいえ、よく走っていた
柴崎 6.0 気の抜けたプレーもあったが、今日は追いついたゴールがすべて
豊田 -

基準:5.5

日本代表-ヨルダン代表

アジアカップ予選第3戦。対ヨルダン戦。引き分け以上で予選突破となるが、気の抜けない中東勢との対戦。個人技一発で失点なんてことにならないように気をつけて欲しい。

前半。早々に得点かと思ったが、香川の折り返しがラインを割ったと判定でノーゴール。一点損したが、少しずつ日本のいい形が増えて、日本がペースを掴む。24分にゴール前のこぼれ球を本田が押し込んで先制。その後もチャンスを作れたが、追加点とれずに終了。

後半。ヨルダンが攻勢。交代した清武があまり機能せずに一進一退に。後半終盤に後退した武藤の折り返しを香川がゴール。そのまま試合終了。

先制、追加点、十分満足できる結果だし、ヨルダンの攻撃を無失点に抑えたことも大きい。決勝トーナメントでもこのような内容が出来ればいい結果も出そう。香川が点を取ったが、GK正面にけるなんて相変わらずシュートが下手すぎ。

川島 5.5 川島にバックパスされると冷や冷やする
長友 6.0 今日は効果的な攻撃参加が多かった
森重 6.0 不器用ながら無失点には抑えた
吉田 5.5 高さには強かったが、精度の低いパスはどうにかして欲しい
酒井高 5.5 体を張った守備もあったが、まだ不安定
長谷部 5.5 危ないミスもあったが、バランスはしっかり取れていた
香川 6.0 チャンスの演出もして得点もしたが、不用意なミスも多かった
遠藤 5.5 ポジショニングのよさ、ボールリリースのタイミングは本当にいい
本田 6.5 サイドよりのポジションになって、安定した質の高いプレーをしている。あとはフリーキックの精度が高くなればもっといい
乾 6.0 少し気の抜いたプレーもあったが、得点に絡む活躍
岡崎 6.0 前線での働きは相変わらず良いので、後は結果が欲しい
清武 5.5 乾と比較すると積極性が全く足りない。
武藤 - 香川へのアシスト。短い時間でしっかり結果を出した
柴崎 -

基準:5.5

日本代表-イラク代表

アジアカップ予選第2戦。予選突破に向け負けられない1戦。パレスチナ戦は見逃した。。

前半。序盤から中盤のプレスが十分に機能して、日本がペースを掴む。23分にPKをもらい先制。それまでもその後も得点取れそうなプレーがあり、もう一点欲しかったところ。しかし、審判笛吹きすぎ。

後半。中盤のプレスも前半ほどではないが機能しているが、こう着状態になる。両者決め手を欠き、そのまま試合終了。

先制はしたが、もう少し点が取れそうな展開でもどかしくもあったが、1点を守りきって勝ったことは評価できる。

川島 6.0 足元は覚束ないが、安定感あるセービング
長友 5.5 乾との連携がまだまだ良くない
森重 5.5 まずは無失点に抑えたことで、まずまず
吉田 5.5 安定感はある。縦パス以外は合格点
酒井高 6.0 今まで見た中で、一番いい出来だった。
長谷部 6.0 ボランチとしての安定感があった
遠藤 6.0 走力もスピードも無いが、ポジショニングとボール捌きはまだ巧い
乾 6.5 幾度もチャンスを作った前半の功労者
本田 6.0 PKを決め、前線でも起点になっていたが、少し物足りない
香川 6.0 フィニッシュ以外はいいプレーが多かった。
岡崎 6.0 らしいプレーは健在だったが、結果が出なかった
清武 -
今野 -
武藤 -

基準:5.5

TSをMP4にエンコード その2 手順

それなりに色々試して、それなりに自分なりのやり方が決まったので、
忘れないように纏める

手順は以下の2通りで、ほぼ問題なくエンコードできた。

手順A・・通常はこちらで問題ない
使用アプリ BonTsDemux、ToWave、aviutl
1.BonTsDemuxでTSをW2Vファイルとaacファイルに分離
2.ToWaveでaacをDelay修正wavに変換
3.aviutlでw2vとwavを読み込んで、編集してエンコード

それぞれのアプリの詳細な手順は割愛

 

手順B・・5.1chでエンコードする場合、手順1でうまくいかない場合
使用アプリ BonTsDemux、aviutl、TsSplitter、Yamb、Avidemux
(1.TsSplliterで5.1ch部分を分割)
2.BonTsDemuxでm2vとaacに分離
3.aviutlでm2vのみをMP4にエンコード
(解像度などの変更のみ。CMカットのような動画時間が変わる編集はしない)
4.YambでMP4とaacを合成
5.Avidemuxで音声Delay補正とCMカットなどの編集をして保存

5.1ch対応する場合はBonTsDemuxで分離時に音声出力方式を[強制5.1ch]を選択
それ以外はStereo
5.1ch放送だが5.1ch必要ない場合は、Stereo選択して手順Aでもいい
前番組、後番組が5.1ch放送で少しでも録画されていると、
ToWaveの変換で失敗することがあるので、
TsSplitterを使って音声5.1ch部分を分割する

Tssplliterのパラメータは
-SEPAC(音声チャンネル切替で分割、個々に出力)
を使い、音声5.1ch部分だけを抜き出す
CMまたぎなどで2つ3つに分割される場合でもTssplliterで合成しない
合成すると、合成した後半部分のDelay補正ができなくなるので、
個別に上記5までのMP4エンコードとDelay補正を行い、
個別に作成したMP4を最後にaviutlで合成する

AvidemuxのDelay補正はBonTsdemuxで分離したaacファイル名のdelay値を
そのまま入力すればよい

 

・その他
BonTsdemuxで分離したあとのaacファイル名のDelay値が8桁くらいになることがある
その場合にMurdocCutでTSの先頭部分を少しカットすると修正できる

手順Aでうまくいかない場合は大抵Towaveのwav変換で失敗しているので、
動画のみをMP4にしてからaacと合成する手順Bにすると回避できる

ファイル名にコンマなどの記号があるとToWaveの変換で失敗することがある

TSのDropが多くて音ズレが修正できないときはあきらめる

時間かかるし、多少は劣化もするのでエンコードは1回のみが妥当

 

手順Aは結構あちらこちらで紹介されていて、手間があまりかからないが、
音ズレが修正できないことも多々ある

手順Bは5.1chにも利用できるし、大抵の音ズレの問題は回避できると思う
ただ、手順Aより手間がかかるのと、AvidemuxはGOP単位の編集になるので、
aviutlよりは大雑把な編集になる

TSをMP4にエンコード その1 アプリを用意

PT3導入から2ヶ月ほどたち、ある程度のエンコード方法も固まってきたので忘れないように纏めてみる。
まずは使用アプリから。
すべてフリーソフトで、編集作業もすべて手動。基本的にmp4エンコードはaviutlで行う。

・aviult v1.00 ・・・MP4にエンコードする
MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-In v0.78 ・・・m2vファイルをaviutlに読み込みさせるために必要
x264guiEx v2.21 ・・・MP4エンコードに必要
透過性ロゴ フィルタv0.13 ・・・番組ロゴ消去する
L-SMASH Works r717 ・・・いろいろなファイルをaviutlに対応させる

・BonTsDemux 10k7fix05
tsファイルを動画(m2v)と音声(aac)に分離するソフト。現状、このソフトだけで十分

・ToWave v1.03
・VLC v2.1.5
BonTsDemuxで分離したaacのDelay補正を行う

・Yamb v2.1.0.0(MP4BOX v0.6.0.6)
MP4とaacを結合する

・Avidemux v2.6
MP4のIフレーム単位で編集や音Delay補正を行う

・Murdoc Cutter v1.9g1
GOP単位でtsの簡単な編集をする

・TsSplitter v1.26
tsの分割をする

Aviutlプラグインやコーデックの記載漏れや古いVersion使っていたりするかも。
通常のエンコードであれば、aviutl、BonTsDemux、Towaveのみ使用。
ただ、5.1ch対応やその他イレギュラーな場合に備えて、Yamb、Avidemux、MurdocCut、TsSplitterも用意しておく。

前回記載したDG Indexは
・m2vをAviutlに直接読み込めるのでd2vにする必要は無い(BonTsDemuxだけで十分事足りる)
・DG IndexはAACで分離できないときがある
・d2vをAviutlに読み込ませるときにフレーム高を1080から1088に変更する必要があるため、余計なリサイズが必要になり面倒くさい
といった理由で利用をやめた。

関係ないが、先月エンコード時間削減のため、CPUをi5からi7-4790Kに換えたところ、体感で4割くらい時間が削減された。
HTの利用価値はこれだったかと、初めて実感。

日本代表-ホンジュラス代表

キリンチャレンジカップ。対ホンジュラス戦。先発メンバーだけ見ると代わり映えしない。DF以外は控えと総入れ替えしたほうが面白そう。2戦目でやってくれるかな。

前半。前線から積極的なプレスが功を奏して日本ペース。コーナーを吉田が押し込んで先制。完全にペースを掴むが、シュートまでなかなか持っていけずに膠着状態に。41分にうまく抜け出して1対1になった本田が落ち着いて決めてゴール。さらに遠藤が気持ちよさそうなミドルを決めて3点とって終了。WC前に所属クラブで試合に出れなかった海外組みも復調してきた感じだ。

後半。自陣から早いボール回しでチャンスを作り、最後は乾がゴール。いい連携でのゴールだった。中盤にゴール前で香川がチャンスを作った後に豊田がごっつぁんゴール。乾が2点目も取って結果、6-0で勝利。

結果も内容も日本が圧倒したが、ホンジュラスは観光モードだったんだろうか。相手はともかく、このような連携のいい試合が続けて出来れば、強くなっていけそう。田口は守備面ではある程度合格。ただ、この試合ではもう少し攻撃参加してもよかったと思う。DFのボール回しでももう少し顔出してほしい。

川島 5.5 今日の試合では見せ場無い
内田 6.0 精度の高いクロスはなかったが、いいおとり役だった
酒井高 6.0 よく走ってた
森重 5.5 それほどピンチも無く、安全に徹したプレーだった
吉田 6.0 早い時間の先制で楽な試合運びが出来た
遠藤 6.5 気持ちいいゴールだった。目だったミスも無く守備も出来ていた
香川 6.0 キレが戻ってきたが、シュートは下手なままだった
長谷部 6.5 今日は全盛期に近いプレーだった
本田 7.5 得点にアシストに、しっかりした結果を出した
岡崎 6.0 得点は無かったが、前線での働きは安定している
武藤 6.0 代表戦慣れしてきたようで、ドリブルだけではなく、前線でのボールキープ、前線からのプレスもよくなってきた
乾 6.0 2得点もしたが、常に得点を狙ってる姿勢がいい
豊田 -
柴崎 -
田口 -
西川 -
基準:5.5