第2種電気工事士

投稿日: コメントするカテゴリー: 一般

先々月くらいのことになるが、第2種電気工事士の資格を取ってみたので、簡単に感想を。

・筆記試験
参考書2冊購入。勉強時間は30時間程度。自己採点で39/50。
計算問題は高校物理の基礎レベルで出題範囲も狭いので、それ程苦労は無かった。
配線設計、工事、検査関連の問題は基本的に暗記のみ。馴染みのある人はそれ程苦労は無いかもしれないが、
工具、器具名もあまり知識がなかったので苦労した。
配線図を読み解くのは結構重要。後半20問は一軒家の配線図を題材に出題されるので、
配線図から複線図を書けるくらいは出来たほうがいいと思う。

・技能試験
工具を持ち合わせていなかったので、Amazonで購入。実技練習用部材も購入。あわせて20000くらい。
技能試験対策は複線図を書けるようにすること、全13問を一回づつ練習。15時間程度。
実際に作業する上で、工具を使い慣れる必要もあるし、初めてだと実作業で細かい事で迷う事が多いので、
実技練習する事は必須だと思う。
配線図から複線図を書いて施工完了まで40分以内を目標に練習する。
最初は1時間30分、2回目は40分、3回目以降は30分以内で作れるようになった。
コツとしては、どれだけ効率よくケーブル長を決めるか、だと思う。
1時間30分かかった時は、ミリ単位で測定、切断して工作していたが、効率が悪かった。
慣れてくると、ざっくりとした長さで作成して、後で調整することを覚える。
被覆を剥くときも、10mm、12mmを計るのではなくて、少し長めに剥いてからペンチで長さを揃えたりする。
ランプレセプタクルも回数をこなせば3分もかからない。
実際の試験では35分かかった。結線確認や線長調整を慎重にやったこともあるが、
試験会場の作業スペースがそれ程広くなかったり、着席強制で身動き取れなかったりしたので、
練習では30分以内で完成できるようにしておいたほうがいいと思った。

禁煙

投稿日: コメントするカテゴリー: 一般

一ヶ月ほど前、最近タバコ吸いすぎかも、と思い返してみると、一日2箱以上、月に3,4万くらい使っていた。ばかばかしくなり、禁煙する事にした。学生時代は趣味禁煙と公言したりして、色々禁煙を試みたりした。保険の効かない時代だったが、ニコチンパッチやガムのようなものも試した事もある。結局、ほとんど失敗したが、過去に禁煙成功が一回だけある。3ヶ月間のみだが。まあ、3ヶ月禁煙出来れば、酔っ払って貰いタバコしなければ大丈夫だと思う。

禁煙を決めたので、過去に成功した方法で禁煙する事にした。方法は簡単で、一ヶ月ほどかけて徐々に減煙して最後に0にするだけ。経験上、いきなりタバコを止めようとしても成功しない。ニコチン中毒という事もあるが、普段のタバコを銜えて火をつける、といった習慣みたいなものがあり、火をつけずに銜えているだけでも落ち着いたりもする。なので、ニコチン摂取を徐々に減らしつつ、タバコに火をつける習慣も無くして、漸く禁煙できると思う。まあ、ある日突然禁煙した人もいるので、人それぞれだが。

というわけで、1カートン買い、一ヶ月掛けて一日20本、10本、5本、3本と少しづつ吸う本数を減らしていく。とうとう最後の一本を昨日の夜に吸い終わり、今日は禁煙一日目。ニコチンの禁断症状は無いが、タバコを銜えないと所在無い感じ。