UWSCで自動化 その2

投稿日: カテゴリー: PCゲーム

前回よりももう少ししっかりとした内容になったので、2パターン記載する。
ほぼ操作手順が一定の繰り返しのパターンと、操作分岐が多いパターン。

まずは手順がほぼ決まってるループの場合。

手順が決まっている場合は、上記のように順番にマウス操作させる。
無限ループする場合はwhile-wend,回数決める場合はfor-nextを追加する。止まりやすい所では、sleep()でインターバルを取ると改善することもある。
なるべく後々まで流用したいので、今回は操作ごとにuwsファイルを分け、使い回しし易い(多分)ようにした。ファイルが多くなってしまったので、フォルダを分けて整理した。

各uwsファイルの一例。画像を認識するまでwhile-wendをループし続ける。認識したら所定位置をクリックする、といった内容。何秒後、何分後とか気にする必要がないので、手順が決まっている場合はこれを並べるだけで十分動作する。
そして、chkimgxのパラメータも追加した。画像ファイル後のパラメータは[ID,x1,y1,x2,y2,番号,判定閾値,着目する色]。
IDは思うように設定できなかったので、使っていない。
次の4つは検索範囲。設定すると認識精度も捜査時間も向上する。
判定閾値は1-10%くらいの範囲で設定するのがよさそう。通常は5%で問題ない。
パラメータ設定が必要なのかわからないが、chkimgxは文字の画像認識が思い通りに動作しないことが多かった。ランプが5個並んでいて、1個点灯、2個点灯・・・の違いを認識させる場合は、1%設定のほうがうまく認識した。
クリック後のmmvのカーソル移動はこの後の操作でマウスカーソルが邪魔にならないように、検索範囲外に移動させている。

次は分岐が多い場合。

上記は載せきらなかったが、以下elseif文が10くらい続く。操作手順が複雑になる場合、このようにifb,elseifですべての操作に対応させるのがいいと思う。ブラウザゲームなので、複雑といってもそれほど操作種類は多くないから。
1つ目のWhile trueは無限ループ用。回数制限するならfor-nextに変更
2つ目のwhile trueはif文のいずれかを実行するまでループさせる。if文は上から順番に実行するため、優先順位の高い操作を上に書いていくことが大切。各操作が終わったら、一旦breakでループから抜けることが分かりやすくていいと思う。
各操作の後にmmvで微妙にカーソル位置をずらしているのは、どこで止まったか分かりやすくするため。デバックで便利しただけなので無くてもいい。
if文だけでは処理できない場合は上記のようなcall文で対応すれば、大抵の操作は出来る気がする。
chkimgxを毎回starup/shutdownで処理しているが、試行錯誤した結果なので、一番最初にstartup,一番最後にshutdownを入力するだけでいいのかもしれない。

100周くらいは止まらないようにUWSCで出来ないか、と試行錯誤してたら、UWSCでマクロ作るほうがゲームするより面白くなってしまった。まだまだ改善の余地はあるし、ゲーム側のバグだったり、予想外のことで止まってしまうことはある。が、順調なら一晩くらいは止まらなくなったので、ちょっと満足。

UWSCで自動化

投稿日: カテゴリー: PCゲーム

ブラウザゲームをやっていると、どうしても周回が必要になることが多く、面倒くさいのでUWSCを使って簡易的ではあるけど自動化してみた。プログラミングは素人なので忘れないように書いておく。

やりたいことは、ゲームのクエストの周回。完全自動化はハードルが高いので、まずは行動力が枯れるまでの数十周を自動化させること。

用意するものはUWSC本体、あいまい画像認識につかうChkimgx。
更新の止まっているUWSCを使う理由の一つは、このChkimgxを使いたいから。
UWSCフォルダにChkimgx.dll、Chkimgx.uws、Nekoaddon.dllの3つのファイルをコピー。
クリックしたい画像もUWSCフォルダにコピー。
準備が終わったらuwsファイル作成。

各パラメータはあまり理解していないので適当。Chkimgxで画像検索し、見つかったらクリック。そしてbreakで次の処理へ、という流れ。初心者なので、breakコマンドにたどり着くまで時間かかった。

基本的にクリックだけでも周回できる場合も多いが、戦闘時間にばらつきが出て途中で止まる。でも時間マージンとると、時間がかかりすぎたりする、といった場合に画像認識を使うのがいいと思う。画像認識をもっと増やせば周回時間が短くなるかもしれないが、反面、アイコン画像なんて、イベントやメンテナンス等ですぐ変わるものなので、単純に変更するのが面倒くさい。

気が向けば、なんとなく出来そうなので、回復アイテムで行動力を回復しクエスト無限周回をやってみようと思う。

サカつく2013レビュー

投稿日: コメントするカテゴリー: ゲーム

PS3でサカつくが出るという事で、PS2以来の購入。

久しぶりだったが、操作性に大きな変化は感じなかった。一番変わったことは、選手の成長過程にプレースタイルと覚醒があり、スキルを少しずつ覚えさせて成長を楽しむ事が出来る点。ただ数字を上げるだけより育てがいがあり結構楽しい。
また、練習メニュー、ポジション、戦術設定など、PS2の頃に比べたら設定の煩わしさが減った気がする。
設定終わった後は、比較的さくさく進める事が出来た。

試合観戦はこのゲームの売りの一つだと思うが、悲惨な出来。10年前のサッカーゲームを見ているようで、寂しくなる。
パスカット出来る位置に選手がいるのに見送ったり、DFがザル過ぎて簡単にゴール前がら空きになっていたり、スキル発動がショボかったり、スキル発動してもミスってたり、何回か見てると似たり寄ったりのプレーばかりで非常につまらない。元々結果見るだけだったので、個人的にはそれ程重要ではなかったが、たまに操作ミスで詳細観戦してしまうと、うんざりしてしまうことになる。

PS2の頃は15年もすると、無敵になって飽きて最初からという感じだったが、J以外にヨーロッパクラブに移籍できたりするので、やり込みもしやすい。
個人的に懐かしさも手伝って結構楽しめるゲームだった。

TESV Skyrim

投稿日: コメントするカテゴリー: ゲーム

結構アップデートがあったようなので、半年ぶりにSkyrim起動してみた。まずNMMもアップデート。なにやらMODの自動アップデート機能らしきものが追加されたようだ。更新もおわり、Skyrimを起動しようとすると、起動しない。よくよく見ると、なぜかTESV.exeが消えてる。どうしようも無くなってしまったので、MODの整理含め、一から環境整備することに。

幸い、SteamからTESV.exe無くてもアップデートは出来たので、TESV.exeも復活。本体のアップデートと日本語化を行い、MODもまずはSKSEとSkyUIのアップデート。どうやら、MCMという機能が追加されたようで、MODの設定変更がゲーム上で出来るらしい。それに対応したMODも追加することに。

DragonSoulConverter Dragon SoulをステータスやPerkPointに変換できるし、MCMで容易に調整できるので便利。

DFB Ramdom Encounter 少し敵数等を増やしたかったので入れてみた。細かくMCMメニューで設定できるので便利。

Realistic Needs and Diseases 飢えや喉の渇き、睡眠の概念を追加。食物や水の重要性が増し、ほとんど寝ない生活から睡眠必須の生活になった。ゲームプレイする上で、少し面倒くさいと思って倦厭していたが、より生活感が出る。ただ、頻繁に飲み食い睡眠をしなくてはいけなくなるので、ゲーム内時間を遅くするMODを入れたほうがいいかも。

半年も間があったせいか、面白そうなMODが色々追加されていた。一気にMODを追加したら、CTDが。ただ、BOSSで何とか競合MODの削除等で回避できたので一安心。MODのお陰で非常に長く遊べることに感謝。まだ有料DLCを導入していないが、その内ほしくなりそう。

テイルズ オブ エクシリア2 レビュー

投稿日: コメントするカテゴリー: ゲーム

エクシリアの続編。前回のキャラもそのまま出てくるので、前編をやっていればキャラへの感情移入はしやすいかも。前編から1年後、主人公ルドガーが序盤早々に桁違いの借金を背負うため、その借金返済しつつ、エルとの約束を守るために、分史世界というパラレルワールドのような別世界を破壊しつつ、目的に向かっていくといったストーリー。一応クリアまでしたが、2週目や隠しダンジョンなどは手をつけていない、というか飽きた。以下感想。

  • 世界観  全体を通して、前作をプレーしいてなくても楽しめそうで、ストーリーもそれほど悪くはない。仲間キャラ個別エピソードがあったり、猫集めの新イベント、クエスト、闘技場など、やり込み要素も揃っている。ただ、主人公がムービーやチャットでさえも喋らないので、主人公に感情移入しにくい、というか出来なかった。また、マップは前作+αでほぼ使い回し。さらに分史世界も当たり前のように同じマップなので飽きてしまう。また、どう考えても理不尽な金額の借金を背負わされ、最終盤になっても返済が半分にも程遠い。あまり金を使うこともなかったので、借金返済するためだけに金稼ぎさせられてる感があるし、度重なる借金返済催促はちょっとウザい。?ルドガーの言動の2択が時折でてくるが、どちらも選びたくないような項目だったりして不満が残る。
  • 戦闘 前作とほぼ変わらない。アクションが苦手な自分としては簡単操作でよかったが、ルドガーの武器が3種なので、それに合わせて技をセットするのが面倒い。アブソーバーは終盤には全員MAXになってしまい、新たな環珠を見つけても無用の長物に。バランス悪い。

特にいいところも無かったが、全体を通して遊べるゲームだと思う。前作が楽しめたなら今作もそれなりに楽しめる。まあ、ベサリウスなど過去の良作に比べると、かなり見劣りするが。