ガラケーでSPモードメールを利用する

投稿日: カテゴリー: 家電

iモードガラケーでもSPモードメールが使用できると知った。SPモードの最大の個人的メリットはPCでメール受信できること。PC受信できれば保存も楽なので、SPモードメールをPC受信できるようにしてみた。

手持ちにはFOMA契約(シンプルバリュー)のガラケー1台とMVNO契約のF-02E Xiスマホ1台。

まずは、SPモードを追加する。Mydocomoのオンライン手続きで「spモード(iモード契約可)」を申し込む。すぐにspモード用のアドレスが追加される。ISP割というものがあり、iモードとspモードの併用は324円のままで使用できる。

PC受信できるようにするために、やるべきSPモードの設定は
「docomo ID利用設定」を「利用する」に設定するだけ。
たったこれだけだが、利用しているFOMA契約したSIMを入れたスマホから設定しないといけない。SIMを入れたスマホ以外からでは、この項目の設定は出来ないようになっている。

ここから紆余曲折が始まる。

まず、手持ちのF-02EにFOMA SIMを差し込んでみた。どうやらF-02EではFOMAカードは3G接続できないらしい。WCDMAが利用できないような設定をしていて、FOMA SIMが使えないらしい。StrapOptionかF/WでDisableにしているのか分からないが。また、*#*#4636#*#*みたいなテストモードも試してみたが、駄目。Root化も調べてみたが、F-02Eでは有益な情報は拾えなかった。FOMAスマホ持っていたり、テストモードでWCDMA接続できたり出来るスマホを持っていたら、すんなり上記設定ができるようになっていたはず。ここで挫けそうになる(1回目)

そこで、FOMA対応スマホを中古で買うことにした。設定するだけなので安いものでいいと思って、選んだのはSH-02D。決め手はMicroSIMだったのと、ワイヤレスチャージャーが付属だったこと。購入して操作してから知ったのだが、docomo ID利用設定はドコモメールというアプリから設定するのだが、このアプリがSH-02Dに対応してなかった。そのため、「docomo ID利用設定」を変更しようとすると、ドコモメール利用設定を「利用する」に設定しろとのメッセージが。つまり、FOMA対応かつドコモメールアプリ対応スマホを選ばなくてはならなかったらしい。ここで挫けそうになる(2回目)

もう少し調べてみてUA(User Agent)が使えそうだと分かった。FOMA SIM挿したSH-02DにOpera Mobile Classicをインストール。Custom User-AgentにMozilla/5.0を設定。要はドコモメールに対応しているiPhoneに偽装する。iPhoneに偽装したOperaでdメニューのspモード利用設定からdocomoID利用設定を「利用する」に設定することが出来た。

結果、10日くらいかかったが、PCでSPモードメールの送受信が出来るようになった。iモードメールはガラケーで利用、SPモードメールはPCで利用できるため、苦労したが使い分けできて非常に便利だ。また、状況に応じてiモードメールアドレスとSPモードメールアドレスは入れ替えが自由なので、状況に応じて入れ替えてもいい。
しかし、今回の試行錯誤のおかげで今月のFOMAのパケット代が5000円超えた(:D)| ̄|_
毎月パケット代200円くらいだったのに。
ドコモの設定でWifi接続を拒否されたりしたので、不注意にもWifi切ったままにしたりしたのが悪かったのだが。ドコモは色々と不自由なことをしてくれる。

まとめると、FOMAガラケーからSPモードメールをPC利用するためには、ガラケーSIMで3G通信できるスマホがあれば、何とかなる。はず

外付けHDDによるTV録画失敗について

投稿日: カテゴリー: 家電

現在、CATV契約をしていて、地上波、BSはBDレコーダーに録画、CATVのCS放送はSTBにUSB HDDを接続して録画している。また、STBもBDレコーダもPana製品なのでLANダビングを活用して、編集やBDダビングしたい時はBDへ録画している。

USB HDDは安さに任せたMarshalの2TB。接続当初から、1割くらいの確率で録画失敗をしていた。録画中断したり、録画開始しなかったり。STBなので、録画機能はおまけ程度と思っていたので、しばらく我慢していた。LANダビングは安定していて保存しておきたい番組はBDレコーダに録画してたため、ほったらかしにしていたのだが、ここ最近、失敗する頻度が高くなって不便になってきたので簡単に調べてみた。

切り分け以下のとおり
・LANダビングは問題ない
・USB HDD本体のSTBからの認識は問題ない
・録画中断時のメッセージは「USB HDDの録画可能時間がなくなった」「USB HDDが接続されていない/正常動作しなかった」
・録画開始しなかったときのメッセージは「予約の無効 予約期間中に実行できない状態であった」原因としては「電源が切れていた、優先度の高い予約が実行していた、番組情報が変更されていた、受信できない、予約情報が登録できない」
・以上の履歴からたどれるメッセージから該当する問題は見つからなかった

出来ることはあまりなくて当て推量だが、少なくともLAN経由の録画は問題ないので、STBとUSB HDD間の問題だろうと推測。STBもUSB HDDも代替品なんかは当然ないため、一般家庭で気軽に出来るのはUSBケーブル交換くらい。なので、交換したら、結果改善した。

使用していたケーブルはUSB HDD購入の添付品。テスタで両端コネクタのFGの導通確認すると、繋がっていなかった。動作不安定だった理由はこれが原因と思われる。FG接続されていないって、シールドはどうなっているのだろう。製造不良というより設計不良なんだが。昔IEEE1394(iLINK)ケーブルでも同様にFG接続されていなくて機器認識しなかったことがあったのを思い出した。

USBケーブルに限らず、数m以内の近距離接続を前提とした高速差動信号を扱うケーブル(HDMI、DVI、ILINKケーブル等)は、ケーブルコネクタのFG接続には、EMI(放射ノイズ)の抑制と、機器間のGNDレベルを安定させる役割がある。コネクタFGとケーブルのシールドが繋がっていないとシールド効果がほとんどない。また、GNDレベルが安定しないと、電源も安定しないし、差動信号もエラーレートが高くなったりする可能性も高くなる。

このようなケーブルを見つけたら、何も問題なくても直ぐに交換したほうがいい。というか、欠陥ケーブル掴まされた(:D)| ̄|_

追記(2014/9/24)
直ったと思ったらまだ録画失敗するようになった。ログでは「録画可能時間が無くなった、接続されていない、正しく動作しなかった」原因が予想されるとあった。前回の切り分けの4番目は無くなったが、3番目はなくならなかったようだ。憶測しか出来ないが、録画開始するときに、スタンバイ状態のHDDのResumeに時間がかかって録画開始状態に出来なかったのかもしれない。Wait入れるなり、Reset,初期化処理などで回避できる現象だと思うが、パワーマネージメント系の制御は一般では手出しできないので、運が悪かったとギブアップ。IOデータの2TBを新しく買ったので、それで様子見。

追記(2014/9/29)
買い直したIOデータ2TBでは何の問題もなく20番組くらい録画できた。Marshalは安物だったからしょうがないと思って、中身のHDDだけ取り出してBackup用に使うことにする。