月別アーカイブ: 2012年8月

三国志9

以前、三国志12体験版をやって、つまらない思いをしたが、久しぶりに三国志をやりたくなったので、三国志9を買った。10でも11でもなく9を選んだか、それはただ安かったから。Windows7対応でPK付で3000円未満であれば、少し遊べるだけで不満は無い。

三国志9をプレーしてみて最初に驚いたのは、初めてやるゲームだった事。近年、三国志から遠ざかっていたので、記憶が薄れていたのだが、10まではやってると思い込んでいた。だから少し得した気分。

ゲーム序盤は人材確保と内政。序盤は金銭が不足しがちなので、内政は大切。内政は数値を上げるだけだが、1-3を夢中で遊んでいたころを思い出す。内政はどうしても単調になりがちだが、変に凝った事をせずに、このくらいでいいと思う。そして人材登用などで助言してくれる軍師のありがたみがよく分かる。やはり三国志は軍師という役職に特徴があるゲーム。孔明や郭クなど登用出来たときは非常にうれしい。12では軍師が空気になってて残念だった。

序盤から中盤にかけては領地を拡大していく。どこと友好関係を築いて、どこに宣戦布告していくか、じっくり考えながら攻略していくのは、やっぱり楽しい。

終盤になると、どうしても敵対国との戦力差が大きくなりすぎ、作業ゲーになりがち。まあ、シミュレーションゲームではしょうがないと思っている。

何時間も集中してどっぷり遊ぶ事は無いと思うが、末永く遊べそうで、買ってよかったゲーム。

SkyrimのMOD1

TESV SkyrimはやはりMODがあってこそのゲームだと思う。バニラでも普通に遊べるが、少しのMODを入れるだけで、非常に快適になる。煩わしさや面倒くさい作業に感じることが、飽きになり、そのゲームを止めるきっかけにもなるが、MODのおかげで不満を改善できることが最大のメリットだと思う。個人的に最低限必須と思うMOD details

オリンピック サッカー

日も経って悔しさも和らいできたのでオリンピック サッカーの総括を。 なでしこは予想以上の結果だった。予選は突破しても、準決勝まで勝ちあがれば上出来と思っていたので、準優勝は良い結果だった。澤がWCほどの活躍は無かったものの、ボランチとしては秀逸だった。DFでは熊谷が身体能力の高い外国勢を良く抑えていたのが印象的。 details

日本代表-ベネズエラ

対ベネズエラ戦。久しぶりのA代表戦。ベストに近いメンバーで戦うだけに、結果はともかく、内容が重要。 前半。ベネズエラのプレスをうまくいなしてボールを繋げていて、チャンスを作れていた。14分に長谷部-本田-駒野と繋いで、駒野が叉抜きから深く切り込んで折り返し。中央に走りこんだ遠藤が冷静に合わせてゴール。いい形での得 details

U23日本代表-韓国

オリンピック3位決定戦。対韓国戦。メキシコ戦でコンディションが悪そうな選手が多く、どこまでコンディションが戻せているのか。 前半。コンディション面ではあまり問題なさそう。案の定、韓国のラフプレーで怪我が心配でハラハラする。また、DFの反応が少し悪いように見える。ファール気味のプレーを流され、縦パスのバウンドの目測 details

女子日本代表-米国

オリンピック決勝。対アメリカ戦。正直世界最強の米国。個々の技術も高いし、2トップの破壊力を抑えるチームは今の女子チームには無いくらい。いかに失点を減らし、少ないであろうチャンスを得点に結び付けれるかが鍵。 で、寝過ごして見れず。負けたけどいい試合だったようなので、よかったよかった。 details

ドラクエ10 レビューをレビュー

ドラクエXのamazonレビューが荒れていて見てて可笑しかったので、レビューをレビューしてみる。因みに自分はMMOしない人なので、ドラクエ1-8まで楽しんだが、今回はパス。9はDS持ってなかったのでパス。 低評価(購入してない人のレビューは今回は考慮しない。大半だけど) 1.MMO自体に抵抗がある人が多い。 details

PCをアップデート

TESV Skyrimをやろうとしたところ、PCが起動しなくなってしまった。これの続き ひとことで起動しないといっても原因は様々。 1.電源ユニットの故障・・・この場合、電源が全く入らないのでFANが回らなかったり、USBの電源が入らなかったりなどで判断 2.マザーボードの故障・・・CPUの故障(埃な details

U23日本代表-メキシコ

オリンピック 決勝トーナメント準決勝。対メキシコ戦。メキシコは個人技がうまく、スピードもあり決定力もあるという印象。 前半15分まで寝てて、大津の得点見逃す。痛恨。若干メキシコペースで進み、コーナーから失点。その後もメキシコにサイドを破られるなどのピンチを抑えて前半終了。やや永井と東の動きが重そうで気になる。 details

女子日本代表-フランス

オリンピック 決勝トーナメント準決勝。対フランス戦。技術と高さがあり、苦戦必至。ブラジル戦のような押し込まれる展開だと、高さがある分、失点の可能性が高くなる。さらに、ブラジルより守備は組織的で点を取るのは困難。ブラジル戦のような守備一辺倒ではまず勝てないので、ボールキープをしっかりして、日本ペースに持ち込めるかが鍵。 details