カテゴリー別アーカイブ: ゲーム

バイオハザード6 レビュー

バイオハザードの最新が出ることに発売直前に気づき、事前情報無しで信用買いした。ところがこれが大間違いだった。

まず、オープニングから違和感があった。まず視野が狭くて状況把握がしにくい。さらに設定を明るくしても暗くて見難い。さらに繰り返されるQTE。進行するのは一本道の上、ナビがあるので迷いようがない。さらに、ゾンビへの攻撃は銃で撃っても何のリアクションもないので、効果があるのかどうか分からない。今回、肉弾戦も出来るようで、近づいて蹴り倒せる。しかも、蹴ったほうが強力なので、雑魚ならこれだけでもいい。と、レオン編の途中でゾンビにタコ殴りにされてGAMEOVERになった所でもう止めました。賞味1時間弱。今まで買ったゲームで一番つまらなかったゲームかもしれない。

何が面白くなかったか。上記でも書いたが、

・しつこいQTE。事ある毎にボタンやスティック操作を要求され、うんざりしてくる。これが無ければもう少しゲームを進めれたかもしれない。心が折れた一番の原因。

・視野が狭く、ただ暗い。一本道なので探索要素もほとんど無く、ただ暗い道をナビの通りに進むだけ。ドキドキしながら進むことが全く無い。サバイバルホラーといっているが、ホラー部分が全く無い。個人的にドキドキ感を味わいながら楽しみたかったため、非常に失望した。

・近接戦闘がとにかく強すぎる。1時間もプレーしなかったので、銃で照準を合わせて撃つことに慣れずに終わった事もあるが、銃で撃つより蹴ったほうが楽にゾンビを倒せる。そのため、今まではゾンビが近づくだけで焦ったものだが、今回ゾンビが接近してもまるで平気。むしろ近接戦闘が強力なのでゾンビに近づいて蹴るようなことに。恐怖感まるで無し。サバイバルというか出来の悪い10年前のアクションゲームの様。

バイオハザードはこれまでサバイバルホラーのホラー部分が売りだと思っていた。3よりは怖くなかったが4は十分楽しめたし,5は若干面白くなかったが、それでも3周くらいは楽しめた。だが、今回、ホラー要素が全く無い。ムービー(グラフィック)でも恐怖を煽られる様なこともなく、頻繁にあるQTEに興醒めするだけ。後に他のレビューを見て、ストーリーやCoopは面白いといった意見もあったが、自分が期待していたゲームでは無かったので、続ける気にはならない。もし続けるとしたら、極端になるが、時給1000円貰えれば、仕事だから、と割り切るぐらいでないと出来ないゲームだった。

楽しみにしているタイトルは、なるべく事前情報を入れないようにしている。そのほうが、どんなストーリーでどんなキャラが出てくるだろう、とゲーム始める前から楽しめるから。ところが最近、国産ゲームが非常に面白くない。FF13-1はクリア寸前まで頑張ったが、先が見えたのでやめ、それ以後FFは買うつもりはない。DQ9,10はDS持ってないのとオンラインということで見送り。三国志12は気がついたらリリースされていたので、ちょっと他レビューを見ると酷評だらけ。体験版をやってみたら何これ?買わないでよかった。これまでナンバリングタイトルで信用買いしてきたものはあとはテイルズくらい。エクシリアはストーリーとボリュームで満足出来なかったが戦闘は楽しかった。エクシリア2も事前情報なしで買う予定なのだが、どうなることやら。

コメントを残す