カテゴリー別アーカイブ: サッカー

女子日本代表-フランス

オリンピック 決勝トーナメント準決勝。対フランス戦。技術と高さがあり、苦戦必至。ブラジル戦のような押し込まれる展開だと、高さがある分、失点の可能性が高くなる。さらに、ブラジルより守備は組織的で点を取るのは困難。ブラジル戦のような守備一辺倒ではまず勝てないので、ボールキープをしっかりして、日本ペースに持ち込めるかが鍵。

前半。序盤は前線からのプレスが効果的で、ボールキープも出来て日本ペース。ただし、前線までボールが来るとチェックが厳しくなりシュートまで持っていけない。中盤以降は互角かフランスペース。ボールキープは日本が出来ているが、フランス陣内まで中々持っていけない。32分に宮間のFKをGKが後ろに逸らし、大儀見が押し込んで先制。その後はフランスのプレスが厳しくなって完全にフランスに攻め立てられるが、DF陣の頑張りで何とか防いで前半終了。

後半早々、宮間のFKを阪口が合わせてゴール。その後はフランスの猛攻。日本はボールキープどころかクリアが精一杯。再三ピンチがあり、一点取られ、PK献上したがPKは枠を外してくれ命拾い。その後も攻め立てられたが、何とか防いで勝ち。

前半はまずまずの戦い。ボールキープも出来ていたし、プレスも機能していた。ただ、大儀見が一人で持ち込んだことくらいしかチャンスを作れなかったのは、ブラジル戦と同様でもうどうしようもなさそう。守備陣が良く頑張った試合。正直、勝てる可能性は低いと思っていた。シュート3本で2点取れて、PK外してくれたりと運が良かったこともあり、よく勝てたな、という印象。

福元 6.5 再三のピンチを良く防ぎました。失点はしょうがない

近賀 6.0 大きく崩される事はなかった

岩清水 6.0 よく体をはっていた

熊谷 6.5 守備の要

鮫島 5.5 守備もパス精度もいまひとつ

澤 6.0 守備で奮闘

阪口 6.0 失点の逆起点、PK献上と散々だが、得点したのでおまけ

宮間 5.5 2得点に繋がるFKだったが、それ以外は守備のチェックも甘いし、攻撃の起点となる事もないし

川澄 6.0 守備は頑張ってた。攻撃は守備に追われてちょっと立ち遅れ

大野 5.5 ドリブルも通用せず、攻撃の起点となる事も無く

大儀見 6.5 GKの後逸もあったが、詰めて押し込んだのはさすが。後半の1人カウンターは決めてほしかった

安藤 5.5 大儀見がボール持ったときに直ぐにフォローがほしかった。途中交代なんだから

田中 - まずまず

基準5.5

コメントを残す