カテゴリー別アーカイブ: サッカー

女子日本代表-ブラジル

オリンピック 決勝トーナメント第1戦。対ブラジル戦。強敵です。

前半。ブラジルの個人技が高く、ボールを奪えないし、ボールを持ってもすぐ奪われる。何度もピンチがあったが、何とか無失点。中盤になると一転日本ペースになり、何度がチャンスを作ると、沢のリスタートから大儀見が抜け出してゴール。終盤になるとまたブラジルペースになるがなんとか無失点で前半終了。

後半もブラジルペース。こぼれ球も悉く拾われ、ボールキープがほとんど出来ない。ゴールエリア内ではなんとか防いで失点させない。そんな中、鮫島の縦パスを大儀見がうまく1トラップでDFをかわし、中央の大野へロングパス。大野はDFと1対1から横にかわしてシュートでゴール。その後もブラジルが攻め立てるが、決定的なピンチになる前に防ぎ、無失点で終了。

内容はブラジルの圧倒的優勢だった試合。運がよかった場面もあったが、懸命の守備でなんとか無失点に抑えた事は評価できる。ただ、ボールを奪ってもクリアのような前線へのロングパスが多く、中盤でほとんどボールキープできなかった。前線でボールを受けてもプレスにあって、ボールが収まらない。持ち味のパス回しがほとんど無かった試合。勝ったからいいけど。

福元 6.0 度重なるピンチを良く防ぎました

近賀 6.0 最後のところでよく振り切られずに守っていた

熊谷 6.5 浮き球の競り合いに相手の個人技に負けていなかった

岩清水 6.0 よく守ってた

鮫島 5.5 危ないバックパスがあったりサイドを破られるなどちょっと危険だった

阪口 5.5 よく守ってはいたが、危ないロストが目に付いた

沢 6.0 守備で貢献。数少ないチャンスにもからんでた

宮間 5.5 ポジショニングが悪いのか、相手にスペースを作り、頻繁にボールを放り込まれてた。

川澄 6.0 ほぼ守備に奔走してたが、偶に高い位置からパスカットし、チャンスを作ってた

大野 6.0 2点目のゴールはよかった。ボールを受けてもボールが収まっていなかったのは残念

大儀見 6.0 1点目の抜け出し、2点目のDFかわしてのパスはお見事。ただ、ポストプレーはほぼ潰されていた

安藤 -

高瀬 -

基準5.5

コメントを残す