カテゴリー別アーカイブ: サッカー

日本代表-ベネズエラ代表

キリンチャレンジカップ第2戦。対ベネズエラ戦。ウルグアイ戦では攻守にすっきりしない内容だったため、何をどのように修正してくるかが注目。

前半。4-3-3でDFに水本、中盤に柴崎、FWに大迫と前回出なかった選手が先発。序盤は第1戦と比べて、決定的なチャンスは作れないまでも少し面白いプレーがあった。中盤からミスが増えて失点してもおかしくないピンチが続く。DFラインのボール回しが不安定すぎる。35分過ぎの柿谷の決定的なチャンスを外したプレーあたりから、いい縦パスが入るようになる。ラスト10分のプレーが続ければ後半はもう少しチャンスが増えそう。

後半。開始5分で前線へのフィードの競り合いのこぼれ球を武藤が拾い、ペナルティー付近までボールを運んでそのままシュートでゴール。ボールを持ってからシュートに行くまでのボール運びがすばらしい。しかし、11分に水本がPKをとれら失点。20分にショートカウンター気味に武藤、柴崎から岡崎が折り返して柴崎がゴール。久しぶりにいい連携をしてからのゴールが見られた。直後にロングシュートを川島がこぼして失点。こんなGKのミスは久しぶりに見た。終盤はベネズエラの疲労もあって、押し込む展開だったが、結局ドロー。

いい展開からの得点が2つあったことが収穫だが、見事にやられたというわけでもない、しょうもない2失点が無ければよかったが。ザッケローニの時と違い、サイドにリソースをかけない分、上がってきた長友や酒井が孤立する場面が多かったが、サイドでチャンス作ってもゴール前に人がいない、なんてことがないだけ、今のシステムのほうがいいと思う。

川島 5.0 何本かいいフィールリングもあったが、ポロリしては台無し
水本 5.0 守備はまずまずだったが、ボール回しがへたすぎる。PKを与えたのもマイナス
酒井高 5.0 最後の折り返しの精度が悪すぎる。
長友 6.0 孤立する場面が多かったが、十分な働きがあった
森重 5.5 ウルグアイ戦に比べて罪の重いミスが多かったが、バランスは取れていた
吉田 5.5 守備面ではまずまずだった
柴崎 6.5 サイドでの連携はまだまだだが、2点目のプレーはすばらしかった
細貝 4.5 守備に安定感はあったが、ミスが多い。また、攻撃はさっぱり
本田 5.5 惜しいFKもあったが、もう少し攻撃の起点となってほしい
柿谷 5.5 ミスも目立ったし前半最大のチャンスを外した
大迫 6.0 中央にサイドにボールを受けてボールに絡んだが、チャンスになるプレーはほとんどなかった
岡崎 6.0 得点に絡むぷれーは流石
武藤 6.0 得点含めすばらしいプレーもあるが、ボールコントロールも判断力もまだまだ未熟
田中順 -