カテゴリー別アーカイブ: サッカー

日本代表-ウルグアイ代表

キリンチャレンジカップ2014。対ウルグアイ戦。新監督アギーレがどのような戦術、戦略をとるかに注目。

前半。4-3-3の立ち上がり。攻撃的布陣というよりは中央を厚くして相手に決め手を与えないという感じの戦い方に見える。中央が厚くなったことで余裕を持って守備が出来ていたが、プレッシャーを受けた坂井がコントロールミスからボール奪われて失点。攻撃ではこれまでの人数かけたサイド攻撃が無くなった。比較的自由に攻撃させている感じがする。本田が右サイドになり攻撃の核というわけでもなくなり、右左中央とバランスよくボールが散っていたが、チャンスを演出する攻撃が出来るようになるまではまだ時間がかかりそう。

後半。途中から武藤を投入して少しだけリズムが良くなったが、中途半端なプレーから失点。4-4-2にして左に柿谷を入れたがそれほど効果がない。試合終了間際にこの試合唯一目が覚めるようなプレーを武藤がしてくれた。結局0-2で負け。

新チームの初戦ということで、ウルグアイ相手にミスだけの2失点はまずまず。サイド攻撃に特化したこれまでとは違い、右左中央とバランスよく攻撃していた印象があるが、緩急もなく単調なので、チャンスを作る攻撃はほとんどなかった。個人プレーで打開できる選手が一人いれば4-3-3はもっと面白くなりそう。この先2,3年かけてじっくりと連携を磨いて欲しい。

川島 5.5 少し足元が弱い
長友 6.5 一人気を吐いた、という感じで攻守に目立った
森重 5.5 ボランチとしてまずまずバランスをとって試合を組み立てたが、物足りない
吉田 5.5 競り負けてはいなかった
酒井宏 5.5 連携が乏しく、持ち味は出せなかった
坂井 4.0 一人で試合を壊した。今のままでは厳しい
細貝 5.0 中盤でボランチだったら合格だが、右サイドとしてはいまいちだった
田中順 5.5 いいミドルが一つあった。大きなミスもなく、最低限の仕事はした
岡崎 6.0 よく動く。
本田 5.5 ボールに絡むことは多かったが、精度を欠いていた
皆川 4.5 一つチャンスがあったが、それ以外はボールに絡むことも少なく、こぼれ球も拾えず
武藤 - いいシュートとボール奪取があったが、それ以外はボールが足につかず
柿谷 -
酒井高 -
森岡 -