カテゴリー別アーカイブ: サッカー

日本代表-コロンビア代表

WC第3戦。対コロンビア戦。予選突破には勝つしかない1戦。格上でほぼアウェーで勝たなくてはいけないと、不利な条件ばかりだが、ここまでの2戦の内容ではどうしようもない。コロンビアは予選突破を決めいて先発を大幅に変えてきたが、ほぼホームなのであまり手抜きも期待できない。日本の1トップが岡崎。ボランチに青山。青山は攻撃の起点とする意図が見えるが、1トップの岡崎は迷走してるようにしか見えない。結果が出れば文句はないが

前半。大久保の1トップだったようだが、どちらでもあまり変わらない。積極的に縦パスを使ってるが、精度が低くてあまりつながらない。繋がらなくても始めて積極的なゴールに向かう姿勢はみれたが、17分にカウンターからPK献上し失点。それ以後も細かいパスではなく、長い縦パスを多用して、ミスも多いがチャンスもそれなりに作れている。ミスから危ないカウンターを何度か外してもらったロスタイムに右サイド本田のセンタリングを岡崎が合わせて同点。なんとか後半に望みを繋いだ。岡崎もう一点お願いします。

後半。コロンビアが二人交代して完全にコロンビアペースになる。守備が後手後手になってまた失点。その後一進一退が続き、終盤にカウンターからまた失点。ここで今回のWCは終わり。結局4失点して終了。

今までやってきたショートパス中心からパワープレーに近い縦パスを多用する方針にまず疑問。やりなれていない戦術でそうそううまく出来るものじゃない。完敗だが、試合内容を見ると妥当といわざるを得ない。実力差を見せ付けられた感じだった。今大会は海外組がスタメンを外れて試合感が薄くなり、成長以前にチームとして後退している感もあった。4年後はスタメンを獲得している海外組が増えて躍動感ある活躍してくれることを祈ります。

川島 5.0 4失点は防ぎようはなかった気もする

吉田 4.5 体を張って守ってはいたが、4失点。パス精度も悪すぎる

今野 4.0 いいところなかった

内田 5.0 カウンターを防ぎきれなかった

長友 5.5 攻撃面で目立っていたが、決定的なプレーは少なかった

長谷部 5.5 攻守のバランスをよくとっていた

青山 5.5 ミスが多かったが、攻守に機能はしていた

大久保 5.0 ギリシャ戦も今回も枠にシュートできないと得点できない

本田 5.0 ピークは2年前だった

香川 4.0 輝きのない大会だった

岡崎 5.5 得点がすべて

山口 - まあ、どうしようもない

柿谷 - 何も出来なかった

清武 -