月別アーカイブ: 2014年9月

PT3導入

外付けHDDのTV録画でトラブルあったので、TV番組もPCに録画したほうがファイル管理も楽だと思い、PT3を導入した。初めてだし視聴と録画が出来ればいいと思っているので、必要最低限のソフト導入したのが以下のとおり。

ハード面で揃えたのは以下
・HDD 3TB 録画とかで必要になりそうだったのであらかじめに増設
・分波器/分配器 PT3に地デジ/BS・CSのアンテナ接続が必要。日本アンテナ(STSW2D)だと分波器と分配器を一つで済むのでPT3にはぴったりだと思う。
・アンテナケーブル PCまでケーブルを引き回すので、今回は同軸4Cケーブル30mとF型接栓を購入して長さ調節して接続した。ケーブル作成は比較的簡単にできる

ハードの準備が出来たらソフトの準備もする。いづれもx86用。OSがx64でも、ドライバ、ソフトともにx86を使用する。
・PT3ドライバ/SDK/FPGA回路UPDATE(アースソフトより) PT3用ドライバ類3種
・TvTest 0.7.23 TV視聴用ソフト
・BonDriver_PT3-ST(お試し人柱版4) PT3のチャンネル設定用ドライバ
・EpgDataCap_Bon(人柱版10.66) 録画用ソフト
・B25Decoder.dll
・その他最新チャンネルリストファイルやWinscard.dllなど必要に応じて

詳しい手順やアプリのダウンロードは検索したら見つけられるし、見つけられないくらいのスキルだったら、PT3の導入は諦めたほうがよさそう。それほど難しくは無いが。
簡単な手順と注意だけ列挙する

①PT3の取付・・・PT3をPCに取付、T端子に地デジ、S端子にBS.CSアンテナを接続する。接続が終わったら、ドライバ、SDKを順番にインストール。必要ないかもしれないがFPGA回路UPDATEも行う

②TvTestの導入・・・MS VisualXX 20xxが必要のようだが自分の環境では既に適用済みだった。TvTestの最新は0.9.0まであるみたいだが、自分の環境も考慮して今回は0.7.23を使用。
・ファイル保管場所作成 例)c:\PT3\TvTest
・作成したフォルダにダウンロードしたTvTest0.7.23のファイルすべてをコピーする(Preset_BS.ch2とPreset_CS.ch2ファイルは予め最新を用意して差し替えしておくと、後々チャンネル設定が楽)
・BonDriverのx86用をTvTestフォルダにコピーする。PT3はBS/CS2チューナー、地デジ2チューナー同時録画可能なため、合計4チューナー利用できるようにするために、BonDriver_PT3-S.dll(BS/CS用)をコピペして
BonDriver_PT3-S0.dll
BonDriver_PT3-S1.dll
の2つのdllファイルを作成。BonDriver_PT3-T.dllも同様に
BonDriver_PT3-T0.dll
BonDriver_PT3-T1.dll
のファイルを作成する。また、BonDriver_PT3-S.ch2/BonDriver_PT3-S.chSet.txt(BSチャンネル)も最新に差し替えておくと後で楽
・TvTestの設定
B-CASの設定(カードリーダかソフトCASか)して各ドライバ(上記で作成したBonDriver)毎にチャンネルスキャンする。TV視聴できるようになっているはず。細かい設定はお好みで。
TvTestのショートカットを地デジ用/BS用に分けて作成してもいいかも。ショートカットのリンク先に
/d BonDriver_PT3-T0.dll
とパラメータ追加したら地デジで起動するようになる。

③EpgDataCap_Bonの導入・・・EDCBも最新版ではないが、10.66を使用する。
・ファイル保管場所の作成 例)c:\PT3\EDCB
・EDCBのx86フォルダの中身を上記で作成したフォルダにまるごとコピーする
・TvTestで使用している以下のファイルをEDCBのBonDriverフォルダにコピーする
BonDriver_PT3-S.chSet.txt
BonDriver_PT3-S0.dll
BonDriver_PT3-S1.dll
BonDriver_PT3-T.chSet.txt
BonDriver_PT3-T0.dll
BonDriver_PT3-T1.dll
BonDriver_PT3-ST.ini
PT3Ctrl.exe
・EpgDataCap_Bon.exeを実行し、S0/S1/T0/T1の4つそれぞれチャンネルスキャンをする。設定も行うが、詳細は割愛。

④EpgTimer.exeの設定・・・録画タイマーソフトの設定。設定の詳細は割愛。

すべての設定が終了したら、視聴も出来て録画もできているはず。番組表も自由にカスタマイズでき、予約録画も圧倒的に簡単に出来るようになる。

以下は苦労した点
・EDCBでの録画はスクランブル解除されないため、B25Decoder.dllが必要になる。これがないと録画ができない。B25Decoder.dllにも色々あるようで、x86用を使用すること。x64用だとうまく動作しなかった。すべて設定した後に、EDCBのViewボタンで視聴できない場合もB25Decoder.dllがうまく動作していないと思われる。
・Win7SP1では有名なバグらしいが、録画したTSファイルがWMPで正常に再生されない場合がある。mfds.dllを古いVerに差し替えて回避できたが、色々危険が伴うので慎重に。
また、VLC media playerでは問題なく再生できたし、TSをMP4にエンコードする際にVLCは必要になることもあるので、WMPは使わずにTS再生はVLC等を利用したほうがいいのかもしれない。

現状の悩みは、一日に数時間PCをShotdownしておきたいが、予約録画時間を気にしてPCの電源OFF/ONをしなくてはならなくなった。PC起動だけでなくOSのユーザーログインしないとEpgTimerが動作しないからしょうがない。

日本代表-ベネズエラ代表

キリンチャレンジカップ第2戦。対ベネズエラ戦。ウルグアイ戦では攻守にすっきりしない内容だったため、何をどのように修正してくるかが注目。 前半。4-3-3でDFに水本、中盤に柴崎、FWに大迫と前回出なかった選手が先発。序盤は第1戦と比べて、決定的なチャンスは作れないまでも少し面白いプレーがあった。中盤からミスが増え details

日本代表-ウルグアイ代表

キリンチャレンジカップ2014。対ウルグアイ戦。新監督アギーレがどのような戦術、戦略をとるかに注目。 前半。4-3-3の立ち上がり。攻撃的布陣というよりは中央を厚くして相手に決め手を与えないという感じの戦い方に見える。中央が厚くなったことで余裕を持って守備が出来ていたが、プレッシャーを受けた坂井がコントロールミス details