月別アーカイブ: 2012年7月

The Elder Scrolls V Skyrim

世界中で高評価のTESVに最近はまりました。1000時間越えるくらいやってる。所謂オープンRPG。ストーリーだけ追ってしまうとボリュームも無く内容も全く面白くない。NPCも個人的には不気味キャラしかいない。ただ世界観がすばらしい。Skyrimというフィールドに帝国と反乱軍勢力。そこに傭兵、盗賊、暗殺ギルドが活動していて、プレーヤーはどこかに所属してもいいし、しなくてもいい。好きなようにフィールドを歩いたり町に行ってクエストを受けたりする。ロールも脳筋、隠密、暗殺など好きに出来る。バグは多いがコンソールなどで解決できたりもする。また、MODにより世界が変わる。このゲームはMODがなければ熱中できるゲームにはならなかった。UIひとつとってもMOD導入で格段に改善できたりするから。CreationKidもあるので初心者でも少しなら自分でMOD変更を出来たりする。久しぶりに楽しめるRPGでした。日本メーカーもこれくらいのRPG作ってくれないかな。

以下導入。

RPGはオンラインの課金ゲーが苦手な私はオフ専門。でも洋ゲーはキャラデザインが気に入らないので敬遠していました。FFⅩⅢじはつまらなくてクリアせずに売り払い、テイルズオブエクシリアもあまり乗り込めずに終わりました。その後気に入るタイトルがなく遠ざかっていたのですが、暇だったのでTESVをやってみることに。Oblivionは未経験。

Wikiを参考に日本語ではなく安い英語版を購入。パッチのアップデートが日本語版は遅れることや日本語版のみのバグなどもあるらしいので。日本語化は洋ゲーの雰囲気をなるべく壊さないために字幕だけ日本語で音声は英語のまま。

いよいよゲームスタート。オープニングは囚人として馬車に乗っているところから。ここでハング。CTDでもなくハング。その後何回繰り返してもハング。そのうちPC自体起動しなくなる。

つづく。

三国志12 体験版

巷で酷評されている三国志12。三国志1から熱中して楽しんだタイトルで、それほど叩かれる作品なのか確認するため、体験版をプレーしてみました。 ちょっと長くなるので最初に総括。 まずはグラフィックについては普通。武将一人ひとりちゃんとデザインされていて好感持てる。メイン画面は三国志1を見ているようで味気ない。内 details

WordPressでカウンターを設置

ブログ作って1日。ぱっと見渡すとカウンターが見当たらない。無くても困らないけど取り合えず設置してみることにする。WordpressはV3.4.1 検索してみるとCounterizeⅡというアクセス解析プラグインを使用する方法があったのでこれを使ってみることに。 まずプラグインからCounterizeⅡ(V3 details