日本代表ーアフガニスタン代表

WCアジア2次予選。対アフガニスタン戦。

格下相手だが、アウェーでどういった戦い方をするかが見所。

前半早々に香川のミドルで先制。香川に限らないが、格下で引く相手には、こういうシュートをどんどん打っていってほしい。決定機を何度か外して煮え切らない展開が続いたが、35分にショートコーナーから森重が押し込んでゴール。チャンスの数からしたら少し物足りない結果だが、放り込むだけだった前の試合と比べたら雲泥の差。ロングボールで大きな展開もするし、攻撃パターンも多彩。こいうった内容なら不満も少ないのだが。

後半早々からゴールラッシュ。4点目は久しぶりに気持ちのいいゴール。終盤大味な展開になってしまったが、十分な内容と結果だった

西川 5.5 見せ場なし
長友 5.5 前半は積極的攻撃参加していたが、後半は空気だった
吉田 6.0 めずらしく結構いいロングパスが多かった。
森重 6.5 攻守に目立った活躍した
酒井宏 6.0 ほぼ攻めっぱなしでチャンスも多く作ったが結果につながらず
山口 6.0 ボランチとしてのポテンシャルは非常に高い
長谷部 6.0 積極的な攻撃参加が目立った
原口 5.5 仕掛ける姿勢はいいが、少し危険な取られ方が多かった
本田 6.0 近年、全盛期に比べるとボールロストが多くなってきたが、それでも十分な働き
香川 7.0 1点目3点目と効果的なゴール。今日は非常にいい働きをした 
岡崎 6.0 動きは戻ってきたがボールが足についていないと思ったが、後半2得点はお見事でした
宇佐美 
武藤
遠藤

日本代表ーカンボジア代表

WCアジア2次予選。

前半圧倒的に攻め込むが、とにかく点が取れない何十とクロスを上げ、はじかれる。クロスの精度とかいう問題ではなく、ゴール前ガチガチに固められてるのに放り込むだけなので、点が取れるわけもない。結局本田のミドルで一点だけ。こんな戦略で大丈夫なのだろうか。

後半は吉田のミドル、ゴール前の混戦から香川が押し込んで2点のみ。

結果だけならまずまずに見えるが、前回の試合も合わせると、この2次予選突破できるかすら心配になる内容だった。
 

西川 5.5 特にない
長友 5.5 頑張って攻めたけど、もう一つ決め手に欠けていた
森重 5.5 とくにいうことなし
酒井宏 5.5 うーん
吉田 6.0 点とってくれてありがとう
本田 6.5 先制点取ってくれただけ恩の字
香川 5.5 点とったのでおまけ。
山口 5.5 今回は活躍の場なし
長谷部 5.5 今回は活躍の場なし
岡崎 5.0 今回は珍しくいいところなしで交代。前半途中で変えてもよかった
武藤 5.5 もう少し切れ込んでからのシュートを狙ってほしかった
宇佐美
興梠
原口

日本代表-チュニジア代表

キリンチャレンジカップ。対チュニジア戦。アギーレからハリルホジッチに監督が代わり、どんな戦略で試合を進めるかが見所。あとは永井が代表定着できそうな活躍してくれれば言うこと無い。

前半。先発は代表経験浅いメンバー中心だが、吉田と長谷部の縦のラインで安定を図る。連携がいまひとつで、いい攻撃の形が作れない時間が続くが、チュニジアもそれ程積極的に攻めてこないため、こう着状態が続く。右サイドで何度かいい形が作れたものの、得点には繋がらず。解説がへんに武藤をクローズアップしすぎ。

後半。15分から本田と香川が入り、攻撃の起点ができた。岡崎、宇佐美が入りさらに攻撃の形が作れるようになる。33分に本田の折り返しを岡崎が押し込んで先制。38分にゴール前のこぼれ玉を本田が押し込んで2点目。そのまま終了。

本田、香川と攻撃の核になる選手がいるとペースを握りやすいのか、分かりやすいくらいに試合展開が変わった。点を取りに行って結果を残したことは評価したい。前半は縦パスのみを意識した攻撃に終始した戦術だったから、前線の先発4人が不出来だったと言うわけでもない。今まで横パスばかりが目立っていたから、このくらい縦パスを強要し続けた結果、有効な縦パスが増えるかもしれない、と期待したい。
権田 5.5 プレー機会が少なかった
藤春 5.0 試合展開もあるが、持ち味出せず
槙野 5.5 守備は安定していたが、ボール持ちすぎたりファールしたり余計なプレーも目立った
吉田 5.5 守備は安定していた
酒井宏 5.0 攻守ともにバタバタして安定せず。不注意なパスも多い
長谷部 6.5 ミスもあったが、崩れずに相手の攻撃をしっかりとつぶしていた。
山口 6.0 守備はしっかりとした。あとは安易なミスが減ればもっとよくなる
武藤 5.5 前半は左サイドが機能せず。後半、香川が入ってプレーしやすくなったがすぐに交代。消化不良だったかも
永井 6.0 ボールが足につかず、技術面で物足りなさがあったが、スピードを生かしたプレスは効果的だった。後はもう少し経験積めば
清武 5.0 トップ下だったが、攻撃の起点になることは殆どなく、これでは厳しい
川又 5.5 チャンスがあったが、得点ならず。もう少しポストプレーと決定力が上達したらいいのだが
本田 6.5 短い時間で2得点に絡んだことはさすがというべきか
香川 6.0 清武とは経験の違いを見せた
宇佐美 -
岡崎 -
内田 -
今野 -

基準:5.5

TSをMP4にエンコード その3 設定

主にAviutlの設定まとめ。PCで見るための設定。 ・クリッピング&リサイズの設定 アナログ放送時代の再放送などで両端に余白ができる場合に使用する 1440x1080で録画された場合、 左180 右180 に設定して余白部分をカットできる ・透過性ロゴ ロゴ解析でロゴを取り込むことで、ロゴを消せる ロゴが出たり消えたりする場合もフェードを使うと綺麗に消せるが、 労力に見合わないので自分はフェード機能は使わない ・サイズの変 details

日本代表-UAE代表

アジアカップ本戦第1戦。対UAE戦。 前半。いきなりGKと1対1を作られるなど、完全にUAEペース。そして7分にあっさり失点。7番にやられたい放題。ただ、点を取ったことでペースダウンしたらしく、ボールをもてる展開になり少し助かる。中盤から徐々に日本ペースになり、チャンスも作るが、シュート精度が低く得点奪えず前半終了。 後半。こう着状態から相手が完全に引いたので、日本ボールの時間が増えたが、フィニッシュが下手すぎて追いつけない。守りを固められて拙 details

日本代表-ヨルダン代表

アジアカップ予選第3戦。対ヨルダン戦。引き分け以上で予選突破となるが、気の抜けない中東勢との対戦。個人技一発で失点なんてことにならないように気をつけて欲しい。 前半。早々に得点かと思ったが、香川の折り返しがラインを割ったと判定でノーゴール。一点損したが、少しずつ日本のいい形が増えて、日本がペースを掴む。24分にゴール前のこぼれ球を本田が押し込んで先制。その後もチャンスを作れたが、追加点とれずに終了。 後半。ヨルダンが攻勢。交代した清武があまり機 details

日本代表-イラク代表

アジアカップ予選第2戦。予選突破に向け負けられない1戦。パレスチナ戦は見逃した。。 前半。序盤から中盤のプレスが十分に機能して、日本がペースを掴む。23分にPKをもらい先制。それまでもその後も得点取れそうなプレーがあり、もう一点欲しかったところ。しかし、審判笛吹きすぎ。 後半。中盤のプレスも前半ほどではないが機能しているが、こう着状態になる。両者決め手を欠き、そのまま試合終了。 先制はしたが、もう少し点が取れそうな展開でもどかしくもあった details

TSをMP4にエンコード その2 手順

それなりに色々試して、それなりに自分なりのやり方が決まったので、 忘れないように纏める 手順は以下の2通りで、ほぼ問題なくエンコードできた。 手順A・・通常はこちらで問題ない 使用アプリ BonTsDemux、ToWave、aviutl 1.BonTsDemuxでTSをW2Vファイルとaacファイルに分離 2.ToWaveでaacをDelay修正wavに変換 3.aviutlでw2vとwavを読み込んで、編集してエンコード それ details

TSをMP4にエンコード その1 アプリを用意

PT3導入から2ヶ月ほどたち、ある程度のエンコード方法も固まってきたので忘れないように纏めてみる。 まずは使用アプリから。 すべてフリーソフトで、編集作業もすべて手動。基本的にmp4エンコードはaviutlで行う。 ・aviult v1.00 ・・・MP4にエンコードする MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-In v0.78 ・・・m2vファイルをaviutlに読み込みさせるために必要 x264guiEx v2.21 ・・・MP4 details

日本代表-ホンジュラス代表

キリンチャレンジカップ。対ホンジュラス戦。先発メンバーだけ見ると代わり映えしない。DF以外は控えと総入れ替えしたほうが面白そう。2戦目でやってくれるかな。 前半。前線から積極的なプレスが功を奏して日本ペース。コーナーを吉田が押し込んで先制。完全にペースを掴むが、シュートまでなかなか持っていけずに膠着状態に。41分にうまく抜け出して1対1になった本田が落ち着いて決めてゴール。さらに遠藤が気持ちよさそうなミドルを決めて3点とって終了。WC前に所属クラブで details